ぎっくり腰もすぐに改善!帰りには歩けるようになります

繰り返すぎっくり腰に悩んでいませんか

重い荷物を持ち上げたとき、急に襲い掛かる腰の痛み。ぎっくり腰は再発率が高く、立ち上がっただけでまた痛みが…というケースもしばしばです。

  • 動けないほどの腰の痛みがある
  • 座っていても痛みがある
  • ちょっとした動きで激痛が走る
  • 腰が痛くて仰向けに寝られない
  • マッサージや他院の整体を受けていたのに再発した

上記のような項目が気になる方は、ぜひ一度さんちゃ整体院にお越しください。適切で丁寧な施術で、貴方のお悩みを解決します。

根本改善でぎっくり腰の再発を防止

ぎっくり腰の悪化

ぎっくり腰になったとしても、安静にしていれば1~2週間程度で改善することがあります。ところが放置は根本改善にならないため、症状の悪化や再発の原因になることも。

ぎっくり腰が悪化すると、下半身がしびれる「椎間板ヘルニア」につながることもあります。そうならないためにも、リラクゼーションではなく病院や整形外科、整骨・整体院などの専門機関で根本改善を目指すことが重要です。

骨格模型を使った分かりやすい施術説明

根本改善のためには、まずは身体の状態を知ることから。当院では、骨格模型を使った分かりやすい施術説明を行っています。

ぎっくり腰が癖になると、日常の動作が制限されることで別の関節を痛めてしまったり、少しでも腰がピリッとすると不安になったり…精神面にも悪い影響があります。

特にお子さんを抱っこすることの多いママさんには、是非当院で“ぎっくり腰を再発させないための施術”を受けていただくことをおすすめします。

姿勢が悪いとぎっくり腰になる?

ぎっくり腰の原因

猫背やPC・スマートフォンを顔に近づけて使用するときの姿勢は、身体のバランスを崩し、ぎっくり腰の原因となります。

また、仕事で長時間のデスクワークを行っている人は、骨盤が歪みやすい傾向にあります。結果腰に負担がかかるようになり、ふとした弾みでぎっくり腰になってしまうのです。

季節の変わり目に注意

季節の変わり目の気圧変化は、人間の身体にも影響を及ぼします。一度でもぎっくり腰になったことのある人は、季節の変わり目に注意しましょう。

応急処置は冷やすの? 温めるの?

炎症がある2~3日の間は、アイシング(冷やす)のが効果的です。

熱が引かない間は、温めることで症状が悪化する場合があります。湯船に入ることは控え、短時間のシャワーで済ませましょう。

熱が引いたら、冷えて血行不良にならないように温めると症状が楽になります。

さんちゃ整体院でぎっくり腰を改善

ぎっくり腰の初期は、患部への直接刺激に注意が必要

ぎっくり腰の初期は、直接刺激に注意が必要です。この時期の刺激は、炎症を悪化させて症状を長引かせる原因になります。

当院では、まず腰に負担をかける太もも、お尻の周辺から筋肉をほぐし、仰向きで寝られるように施術していきます。プロの施術者ばかりなので、安心しておまかせください。

場合によっては、道具を使った施術も有効です。

ぎっくり腰の炎症がある内は、1度の施術で痛みを取り去ることは難しいです。焦らず、続けて施術を受けていただくことで改善に向かっていきます。

ぎっくり腰のお客様を多く施術している当院。「おかげで杖を付かずに歩けるようになった」「怖がらずに背中を伸ばせるようになった」「腰が良く動き、再発の心配がなくなった」といった喜びの声もいただいています。

一度なると、度々激しい腰痛に襲われるぎっくり腰。“再発しない身体づくり”のために、当院での継続した通院をおすすめします。

さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース10/26(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

当院があなたに合うかチェックする

24時間かんたんネット予約はこちら

『こんな症状は良くなるの?』『どんな施術をされるの?』疑問・質問も気軽にお電話にてご相談ください。tel03-6453-4963

地図
営業時間