産後の骨盤の開きにお悩みなら三軒茶屋のさんちゃ整体院へ

産後、こんな症状はありませんか?

こんなお悩み抱えていませんか

辛い症状があっても、「産後だから…」と諦めていませんか? 産後に起こる様々な症状は、骨盤矯正で改善できるケースがあります。

  • 産前と比べて大きく体型が変わった
  • 長時間同じ姿勢で座っていられない、お尻が痛くなる
  • 重い荷物を持ち上げようと踏ん張ると失禁する
  • 足回りが痺れることがある

これらの症状は、妊娠出産によるホルモンバランスや姿勢の変化、分娩により骨盤が開きやすくなったことが原因の可能性も。

つらい症状を抱えている方は、お早めに当院までお越しください。

ママさんの骨盤矯正は産後半年以内がおすすめ

出産した女性の骨盤を矯正できるのは半年以内

一般的に、出産した女性の骨盤を矯正できるのは半年以内と言われています。骨盤が戻らなくなると後々の健康面に影響することもあります。適切な時期に、リラクゼーションサロンではなく専門機関で、根本改善のための施術を受けることが必要です。

しかし、産後から1ヶ月が経つまでの間の無理は禁物です。

出産により開いた骨盤が戻りはじめるのは、産後4ヶ月前後です。当院の施術は、2ヶ月目からお受けいただくことができます。

骨盤の施術

女性の身体は、妊娠出産を経て大きく変化します。産後の不調を改善するためには、一度低下してしまった筋力を戻すことも必要です。

産後体調が良くなってきたと感じたら、整骨院や整体院の施術、内蔵やインナーマッスルにアプローチするエクササイズ、ストレッチを取り入れることで回復スピードを速めることができます。

身体のバランスが整うと、体重の戻りも早まります。筋力が付き、重いものが持てるようになるため、子どもの抱っこも楽になるでしょう。

スッキリした身体でのびのび育児をするためにも、ママさん自身の身体もしっかりケアすることをおすすめします。

骨盤矯正をするなら今

骨盤が開いて不調が起きる原因

骨盤が開くことで不調が起きる

妊娠による骨盤の歪みは、お腹が大きくなることにより体の重心が前に傾き、背中が反り気味になることで起こります。

骨盤の歪みが腰骨にまで影響し、腰の痛みを感じるケースも多いです。

また、子宮を弛緩することで出産を助けてくれるホルモン「リラキシン」は、骨盤周りの筋肉も緩める作用があります。結果、骨盤の開きに繋がってしまうのです。

妊娠中の姿勢

赤ちゃんが通った後のママさんの骨盤は、靱帯や筋肉の緩みにより左右に開きやすい状態です。

骨盤が安定しない状態は、腰痛や脚のむくみ、倦怠感、失禁等の症状の原因になります。

赤ちゃんの体重が増えてくると、「抱っこしたときの失禁が気になる」というママさんもいらっしゃいます。

三軒茶屋で産後の骨盤矯正をするなら当院へ

骨盤矯正施術の風景

産後の骨盤矯正は、ママさんに嬉しいメリットがたくさんあります。体重が戻りやすくなるだけでなく、骨盤を整えることは次の出産に向けて身体を整えることにもつながります。

安定した骨盤に戻すためには、産後半年以内の施術がおすすめです。当院では産後のママさんに人気の、効果の高い施術コースをご用意しています。

当院の産後骨盤矯正を受けたことで、妊娠前に近い状態をキープしているママさんもたくさんいらっしゃいます。

「妊娠前の体型に戻れました」、「無事に二人目の妊娠が分かりました」等といったお客様たちのお声は、当院の励みにもなっています。

何かとトラブルの多い産後の女性の身体。産後の不調にお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース10/26(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

当院があなたに合うかチェックする

24時間かんたんネット予約はこちら

『こんな症状は良くなるの?』『どんな施術をされるの?』疑問・質問も気軽にお電話にてご相談ください。tel03-6453-4963

地図
営業時間