病院や薬でも改善しない坐骨神経痛を根本改善

下半身に痛みやしびれを感じることがありませんか

腰痛は悪化すると日常生活にも不具合がありますよね。さらに、腰痛が進行するにつれて、下半身に痛みやしびれを感じるようになるケースもあります。

これは坐骨神経痛のサインです。

坐骨神経痛とは、腰や下半身に起こる様々な症状の総称です。

下半身の痛みを起こす「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」といった疾患は、進行すると歩行も困難な状態になるため、病院や整形外科と言った医療機関・クリニックや、整骨・整体院などの治療院で早期の治療が必要です。

  • 中腰の姿勢を取ると足に痛みを感じる
  • 仰向けの体勢になると腰やお尻が辛い、違和感がある
  • 重いものを持ち上げるときに痛みを感じる
  • 起床時に足の痛みやしびれを感じる
  • 足周りにしびれを感じる
  • 他院やマッサージ店に通っても症状が改善されない。

上記のお悩みにお心当たりがある方は、早めに当院にお越しください。

正しい施術で坐骨神経痛は改善できる

施術風景

坐骨神経痛の原因は様々ですが、お尻にある「梨状筋」が凝り固まることで血流が悪くなり、坐骨神経痛になることがあります。その場合、お尻周りの筋肉をほぐすことで、症状の改善が見られます。

坐骨神経痛による下半身の痛みやしびれが軽減されると、余計な疲れがなくなり、日々の暮らしや仕事も楽になります。階段の登り降り時や朝起きた時の不快な症状も、諦める必要はありません。

何故坐骨神経痛になるの?

坐骨神経痛の理由

「坐骨神経」が圧迫されることにより、様々な不調が出てきます。坐骨神経は下半身~足にまで伸びているため、影響も広範囲に渡るのです。

痛みから始まり、徐々にしびれを感じるようになります。しびれが出てしまうと、治療が長引くケースも。

さらに坐骨神経痛は、PCを使うときの姿勢等が原因で悪化してしまうことがあります。姿勢が悪くなることで骨盤が歪み、坐骨神経痛の痛みも強まってしまうのです。

坐骨神経痛を抱える女性

立ち上がるときの左右の力の入れ方の違いも、骨盤の歪みや坐骨神経痛の悪化につながります。

坐骨神経痛を伴う腰痛治療のために手術をすることもありますが、5年以内の再発率が高いことも指摘されています。

腰回りに痛みがあるときは、無理に身体を動かしたり筋肉を伸ばしたりしてはいけません。腰痛持ちで腰をひねる動きをする人がいますが、返って痛みが強まることもあります。決して無理せず、当院等の専門機関に相談してください。

坐骨神経痛ならさんちゃ整体院へ

施術のようす

痛みからしびれに移行してしまった坐骨神経痛は、完治まで半年ほどかかります。痛みを感じたら、早めに治療を受けましょう。

当院の施術では、まずお尻周りの筋肉を緩めて、骨盤の歪みを整えます。骨盤を動かして全身のバランスを整えることで、坐骨神経の圧迫を軽減させていきます。

再発率が高いとされる坐骨神経痛。施術の効果を持続させるためには、1ヶ月ごとの定期メンテナンスも大切です。

痛みのない生活イメージ

辛い痛みに諦めていた方でも、当院の施術を受けることで坐骨神経痛になる前の暮らしに戻ることができます。

坐骨神経痛は1度の施術で完治するものではないため、早め早めの治療をおすすめします。

痛みで辛い毎日は、仕事や生活に大きな影響を及ぼします。坐骨神経痛を我慢する日々から解放されるためにも、ぜひ早めに当院へお越しください。


さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース8/31(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

当院があなたに合うかチェックする

24時間かんたんネット予約はこちら

『こんな症状は良くなるの?』『どんな施術をされるの?』疑問・質問も気軽にお電話にてご相談ください。tel03-6453-4963

地図
営業時間