つらい頭痛にお悩みのあなたへ…

さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース6/8(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

頭痛の種類は大きく2つに分けられます。

ひとつは明確な疾患がなく、原因がはっきりしない「一次性頭痛」。
一方、明らかに頭に頭痛の原因となる疾患がある場合を「二次性頭痛」といいます。

脳腫瘍や脳出血などの危険な病気はことらの部類に入ります。
いわゆる”頭痛持ち”と呼ばれる大半の人は一次性頭痛です。

日本人に最も多いのが「緊張性頭痛」。
頭をジワジワと締め付けられる感じの痛さが続き、後頭部やこめかみ、額を中心に頭の両側が痛むのが特徴です。

原因はストレスの場合が多く、特に不安や緊張した状態が長く続くと発症しやすくなります。

パソコン作業や運転など、長時間同じ姿勢で仕事をする人も注意が必要です。
筋肉が硬くなり頭痛を引き起こします。
つい夢中になってしまうゲームやスマホ操作もほどほどにしてください。

よく耳にする「片頭痛」も一次性頭痛の部類に入ります。
こめかみから目の辺りにかけて、あるいは後頭部などが、脈打つ度にズキンズキンと痛むのが特徴です。

特に若い女性多く見られ「吐き気や嘔吐、めまい、食欲不振」などが伴い、
なかには痛みはじめると寝込んでしまうほど症状の重い人もいます。

原因は空腹時の血糖値の低下や、アルコールの摂取、睡眠不足、睡眠過多、ストレスなどがあげられます。

ハンマーでガーンと殴られるような猛烈な痛みが、ある期間毎日発症するのが「群発頭痛」。
痛みとともに、目の充血や涙、まぶたが下がる、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れたら、この頭痛の可能性が高いです。
群発頭痛の原因は、飲酒や喫煙、血管拡張剤の服用、気圧の変化などが考えられ、とくに20~30歳代の男性に多く見られます。

頭痛予防で大切なのは”ストレス解消””睡眠””食事”です。
まずは、リラックスを心がけ、運動や趣味など、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

頭痛の予防として「血流の流れを良くして疲労を回復させること」で頭痛は起こりにくくなります。

具体的には・・・

  • お風呂にしっかりと浸かり身体を温める
  • 無理のない範囲で肩を動かし、血流の流れを促進する
  • ストレッチを行い、身体に柔軟性をつける
  • 規則正しく睡眠を摂る
  • 偏った食事ではなく、バランス良く栄養を摂る

普段から疲労をリセットする生活をすれば頭痛は起こりにくくなります。