さんちゃ整体院の自然治癒力情報

さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース8/3(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

「自然治癒力」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

人間は生きるために体を回復させる能力を生まれながらにして持っています。この力を自然治癒力と言っています。

この自然治癒力が最大限に働く状態こそ健康な状態です。
その健康になるためには気をつけなければいけない3つのポイントがあります。
そのポイントをこれからお伝えしていきたいと思います。

この自然治癒力は60兆個ある体の細胞がフルに活動している状態であれば症状が出ず、毎日元気に過ごせる様に働いてくれます。
しかし、あなたが症状が起こっているということはフルに細胞が動けていないという事になる訳です。
まずは、自然治癒力が働くために必要な条件を確認してみましょう。

≪自然治癒力が働く条件≫
そもそも細胞は三大栄養素のうちの「たんぱく質」と「脂質」からできています。
そして、糖質と水、酸素でエネルギーを作り出し生命活動を営んでいます。
それらを効率良く運用するためにビタミンやミネラルが必要になってきます。
自然治癒力が働く第一の条件はこの五大栄養素のバランスが整っているという事です。

≪人間の2系統≫
そして、細胞が良い状態を保つためには栄養や老廃物を循環させなければいけません。
その作用をしているのが心臓等の動脈系と筋肉のポンプで循環する静脈の2系統です。
この2つは相互に関係していますので、どちらの循環が良くなっても全体が良くなりますし、
逆にどちらが弱っても循環しにくくなってしまいます。

特に運動不足になると静脈系から血流が悪くなり、
細胞に栄養素が運ばれにくくなり疲れがいつまでもとれないという事になってしまいます。
だから、運動不足は体を弱らせるというのです。
つまり第二の条件は毎日の「適度な運動」をするという事です。

このように良い細胞の状態と良い循環がそろう事で自然治癒力が働き始めるわけですが、
最大に引き出すためにはもう一つの条件が必要になります。
その条件とは「質の良い睡眠」です。

せっかく良い条件がそろっていても睡眠時間が短かったり、
そのタイミング、睡眠法が悪いと自然治癒力が最大に働かず体が改善していきません。

この食事・運動・睡眠の3ポイントを改善することで私たちの力を借りずに健康を保ち、
体の事を気にせず毎日を元気に楽しめるようになっていきます。