腰椎椎間板ヘルニアの痛みにお悩みの方へ

腰痛・肩こり改善コース3/2(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

椎間板ヘルニアは骨と骨との間にある椎間板が突出し、神経を圧迫してしまい
痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こってしまいます。

その中でも腰椎と頚椎に起こりやすいといわれています。

腰痛と椎間板ヘルニアは同じ腰の痛みでも、そのメカニズムが根本的に違います。
椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態です。

椎間板は背骨の骨と骨との間にあるクッションの役割をしているもので、背骨にかかる負荷を軽くしているものです。
椎間板ヘルニアは、上記の椎間板がヘルニアを起こすと言うことですが、ヘルニアとはどんな状態になることなのでしょうか!?
ヘルニアとは突出した状態のことをいいます。
つまり、椎間板ヘルニアは、椎間板が突出してしまった状態のことをいいます。

椎間板ヘルニアにはしびれが起こることが多いですが、しびれの正体は何なのでしょうか!?

椎間板ヘルニアはヘルニアの状態にある椎間板が、脊椎の神経を圧迫するためにしびれが起こります。

椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、ヘルニアによる下半身のしびれが同時に起こります。
ヘルニア症状は身体の中で起こっていることですから自分で対処のしようがありませんが、
腰痛に対してはある程度抑えることができます。

一度突出した椎間板を元に戻すことは難しいことです。

ですが、筋肉を緩めたり、関節を正しい状態にしたり、血行の流れを改善することで
痛みやしびれの症状を緩和させることはできます。

自分でできる対策としては、血流の流れを良くして疲労を回復させるように努めてください。

具体的には・・・

  • お風呂にしっかりと浸かり身体を温める
  • 運動を行い、血流の流れを促進する
  • ストレッチを行い、身体に柔軟性をつける
  • 規則正しく睡眠を摂る
  • 偏った食事ではなく、バランス良く栄養を摂る

症状を緩和させるには疲労を回復させることです。
普段から疲労をリセットする生活を心がけてください。