ぎっくり腰の原因と対策

腰痛・肩こり改善コース3/2(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

ぎっくり腰は「急性腰痛」「椎間関節捻挫」とも呼ばれ、
腰がグキっという衝撃と共に強烈な痛みに襲われるものです。

ぎっくり腰の原因は様々あります。
人によって筋肉の問題であったり、関節の問題であったりします。
ただし、共通しているのは常日頃から疲労が蓄積されていることです。

原因として一番多いのは「筋肉の慢性疲労」です。
ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、実はゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。

中腰で荷物を持上げようとしたり、勢いよく腰を捻ったときなどにぎっくり腰になりやすいです。
普段と同じ動作をしているのに、ある瞬間にひどい腰痛になってしまうのです。

これは、少しずつ蓄積された筋疲労があるとき負荷の許容量を超えてしまい、
ぎっくり腰として症状が起きてしまったことです。

日常生活を送る上で、筋疲労は必ず起こります。
睡眠の質が低かったり、栄養バランスが悪かったり、運動不足であると、
筋疲労が蓄積され、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。

また、ぎっくり腰になる原因の1つに、「骨格の歪み」もあげることができます。
普段の生活で、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事をしていると、いつも決まった姿勢でいることが多いです。
こうなると決まって同じ筋肉だけを使うことになってしまい、カラダはどんどん硬くなり柔軟性がなくなってしまいます。

使われている筋肉には負担がかかり、使われていない筋肉は少しずつ弱くなってしまいます。
こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。

歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負担に変わります。
身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながるのです。

腰痛にならないような対策としては、血流の流れを良くして疲労を回復させるように努めてください。

具体的には・・・

  • お風呂にしっかりと浸かり身体を温める
  • 運動を行い、血流の流れを促進する
  • ストレッチを行い、身体に柔軟性をつける
  • 規則正しく睡眠を摂る
  • 偏った食事ではなく、バランス良く栄養を摂る

ぎっくり腰のきっかけは様々ですが、ぎっくり腰になる人は疲労が溜まっています。
普段から疲労をリセットする生活を心がけてください。