むくみにお悩みの方へ

さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース4/27(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

むくみとは、体の余分な水分が皮膚の下に溜まっている状態です。

朝起きると、顔がパンパン なんて事ありませんか!?
夕方、足が『だるい』『重い』『ぱんぱん』『痛い』この様な症状は在りませんか!?

この様な症状がある場合は、体がむくんでいる可能性があります。

朝起きてから1~2時間位でむくみが消える場合には、病気の心配は無いと思われます。

それ以外で、体にむくみが起きるという事は、
「体内水分のコントロールがうまくできていない」
ということになります。

人体の約60%は水分です。
その水分の内2/3は細胞内、1/3は細胞外にあります。

細胞外の水(人体の約20%)の内1/4は血液、3/4は細胞と細胞の間にあります。
細胞と細胞の間の水分は間質液と呼ばれ、体重の15%に相当します。

むくみは、この間質液が増える事で、体重の15%以上に及ぶ水分がコントロール不能になっているのです。
(間質液がリンパ管に入るとリンパ液になります。)

間質液はリンパ管に入り、
ゆっくりと拍動しているリンパ管によるゆるやかな流れと、
筋肉の動き、血管の圧力や呼吸運動などによって運ばれています。

リンパ液は、最終的にはリンパ節を通過して、鎖骨のくぼみの下にあるリンパ管で静脈に排出されます。

この様なリンパ液の流れは、疲労、寒さ、ストレスなどに影響によって流れが滞りがちです。
間質液(リンパ液)がリンパ管に入り正常に代謝されないと、余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰にたまります。
この状態が『むくみ』です。

では、むくみの原因は何でしょうか?

具体的に挙げると・・・

  • 塩分の摂り過ぎ
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • 冷え症
  • 運動不足
  • ふくらはぎの筋力低下
  • 間違った水分補給
  • アルコールの摂り過ぎ
  • 骨格の歪み
  • きつい下着や靴
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランス異常

などたくさんあります。

自分でできる対策としては、血流の流れを良くして疲労を回復させるように努めてください。

具体的には・・・

  • お風呂にしっかりと浸かり身体を温める
  • 運動を行い、血流の流れを促進する
  • ストレッチを行い、身体に柔軟性をつける
  • 規則正しく睡眠を摂る
  • 偏った食事ではなく、バランス良く栄養を摂る

症状を緩和させるには疲労を回復させるこが重要です。
普段から疲労をリセットする生活を心がけてください。