さんちゃ整体院の生活習慣病情報2

さんちゃ整体院の腰痛・肩こり改善コース10/26(土)までのキャンペーン!
【初回】根本改善コース

前回は生活習慣病についてお話ししました。

今回は【生活習慣病の予防方法】についてお話していきます。

生活習慣病は不規則な生活、運動不足、食生活の欧米化、喫煙、飲酒などが原因です。
特に問題視されているのが食生活の欧米化です。
これは他の要因よりも【毒性】が強いからです。

今回は食生活の何が生活習慣病を作り出すかお伝えしたいと思います。

「1日の栄養を30品目からとっても癌になる!?」
最近は30品目を毎日取りましょう!
という運動が広がっていますが、生活習慣病は栄養不足から起こる疾病ではありません。

栄養不足というよりも【栄養過多】で起こる病気なのです。
ですから予防法の大きなポイントは栄養過多から起こる「毒素を減らす」事なのです。

では、毒素とは何なのでしょうか?
今、現代栄養学では毎日30品目を取りましょうと言っていますが、私たちはこれに疑問もを持っています。

なぜなら病気になって病院に入院し、正しい食生活を強制的に送る環境になっても体が一向に良くならない人が多すぎるからです。

その一方、癌になり医者から見捨てられ、もう医学的には改善の見込みがないと言われた方が食生活の改善で完治したという報告は後を絶ちません。

ですから、私たちは現代栄養学ではなく実際に癌などの難病から食生活の改善で病気を克服した方が実践した食生活を参考にし、あなたに情報をお届けしたいと思います。

これらの情報の中には今、健康のために行われているものを真っ向から否定するものも含まれます。
一つの考え方ですので拒絶せずに参考にしてみてください。

次回に続く。。。